ページトップへ

アンティーク調の梁 北欧の注文住宅なら群馬(前橋 高崎)の工務店-コムハウス

スタッフ

前橋

こんにちは。

日が落ちるのが早くなってきましたね。

 

 

この時期は職人さんなど現場の人間は作業時間が今までと変わり

稼働時間を見直すタイミングになっているようです。

(暗くなると手元が見えず危ないので)

 

 

 

ただ今、前橋市の現場では大工さんの作業が仕上げ段階に入っています。

 

 

 

先日お施主様と高さや仕上げ方法など

現場にて打合せをさせて頂き

最後の作業に入っております。

 

 

今回の現場はリビングに梁が付いているので

そちらも確認を。

 

 

プロヴァンススタイルによく登場するこちらの梁、

 

アンティーク感のある新築だけれども

年季の入ったような味わい深い仕上がり。

 

 

こちらは大工さんの作業段階ではこんな姿になっております。

 

もっと近くで見ると

 

新品の柱にわざとエイジング加工を施して

この姿にしているんですね。

以前はお施主様自らこのエイジング加工をされた方もいたようです。

 

 

 

そしてこの後塗装を行い、最初に紹介した写真のような姿に変身します。

家づくりにはいろいろな工程があるんですね。

 

 

また一つ勉強になりました。

記事一覧

54ページ (全92ページ中)