ページトップへ

プロヴァンススタイル 北欧の注文住宅なら群馬(前橋 高崎)の工務店-コムハウス

プロヴァンススタイル

STYLE

プロヴァンススタイル

プロヴァンススタイル

 
フランス南部、地中海に面したプロヴァンス地方。
のどかな田園地帯が広がり、明るい太陽が降り注ぐ美しい土地です。
ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌらに愛されたこの地には、手づくり感の漂う素朴な家々が軒を並べています。
先祖の時代から使っている調度品や生活用品。村の露店で買ってきたアンティークの数々。
長く住んで、人の思いや暮らしに染まった家が、こんなにも美しいことを教えてくれるのは、プロヴァンス地方の家々をおいて他にありません。
古いものを大切に使い続ける暮らし。流れゆく時間の一瞬一瞬を、慈しむ心。そういうことを大切に生きていきたいとお考えの方に、ぜひ住んでいただきたい住宅です。
  プロヴァンススタイル

 

外観 EXTERIOR

外観

 

外観

漆喰で外壁を仕上げ、どこか懐かしさを感じさせる外観です。

 

内観 INTERIOR

エイジング加工

エイジング加工

無垢の木をエイジング加工して、時を経た美しさを演出。

 

アイアン・真鍮など

アイアン・真鍮など

棚板と壁の一体感が素敵です。
アイアンの棚受けがアンティークな雰囲気をプラス。

 

曲線の美

曲線の美

 

曲線の美

漆喰の塗り壁を活かして曲線を効果的に使い、柔らか味のある空間に。

 

内包する家

内包する家

 

内包する家

オープンな空間ながら、間仕切りをバランスよく配して、包み込まれるような安心感とやすらぎを感じさせる家です。

 

高性能な省エネ住宅

高性能な省エネ住宅

2×4工法の外断熱なので、地震・火災に強く、冷暖房などのランニングコストのかからない家です。
メンテナンスコストにも配慮しています。

 


  

プロヴァンススタイルの家の特徴

provence style

2×4工法です

プロヴァンススタイルの家はスウェーデンスタイルと同様、2×4工法を採用しています。日本の在来工法よりも強度が高い上、すき間ができにくく、気密性・断熱性の高い家をつくることができます。日本に多い軸組工法と違い面(壁)で支えるため、地震に強く、火災にも強いという特長を持っています。

2×4工法の詳細はこちら


 

外断熱です

日本で行われている断熱工法には内断熱と外断熱があります。内断熱は柱と柱の間に断熱材を詰めるものですが、外断熱は建物自体を断熱材ですっぽりと覆ってしまいます。つまり、建物が断熱材のコートを着ているようなもの。内断熱に比べて圧倒的に外気温の影響を受けにくく、内部結露も起こりにくくなります。構造体を健康な状態で長持ちさせる外断熱工法を、プロヴァンススタイルの家では採用しています。

外断熱の詳細はこちら

 

内断熱に比べて圧倒的に外気温の影響を受けにくい


 

開放的な空間です

気密性と断熱性にすぐれているプロヴァンススタイルの家では、室内の温熱環境が一定になるため、家中どこに居ても寒い場所がありません。そのことによって実現するのが開放的な広い空間です。間仕切りの無いLDK、高い吹き抜けなど、プチホテルやプチミュージアムのような空間も、プロヴァンススタイルの家ならつくることが可能です。

開放的な空間です


 

デザインの自由度が高い塗り壁

アールを描く壁や下がり壁にアーチをつけるなど、曲線を活かした面白い表現ができるのもプロヴァンススタイルならではの特徴です。造作家具を壁と一体化させるのもおしゃれ。板やクロスにはないデザインを楽しんでいただけます。

 

デザインの自由度が高い塗り壁


 

雑貨やアンティークが良く似合います

プロヴァンススタイルの最大の特徴は、どんなテイストのインテリアでも何となく様になってしまうこと。それだけ包容力の大きい家だと言えるでしょう。それでもやはり一番似合うのは素朴な風合いの雑貨やアンティーク。お気に入りのものを見つけては飾る楽しみを、プロヴァンススタイルの家は与えてくれます。

雑貨やアンティークが良く似合います

 

雑貨やアンティークが良く似合います

 

プロヴァンススタイルについてもっと知るには…

プロヴァンススタイルの家の実例集を見る

モデルハウスを見学する

完成見学会の予定をチェックする

資料を請求する

プロヴァンススタイルについて質問する