ページトップへ

高気密高断熱のおうちはあたたかいとしみじみ思う 北欧の注文住宅なら群馬(前橋 高崎)の工務店-コムハウス

スタッフ

前橋

先日ブログでも紹介しました床下エアコンですが、

ついに稼働しました!!!

 

付けた瞬間の感想は

「動く音がする」

 

 

それもそのはずです。

 

この木材の下で(しかも冷たく冷えた基礎の中で)

動いているわけですから

すぐには実感できません。

 

 

そして翌日、改めて建物内に入ると

 

 

あったかーーーーい!!!

 

一晩基礎を温め続けてくれたおかげで

床からほかほかのあたたかみを感じました。

 

 

昼間は窓から入る光と下からの暖気で

この日は顔があたたまってしまうほど。

 

とはいえまた夜になって基礎が冷えて暖め続けたら

エアコン頑張りすぎでは?と心配になるのですが

 

 

実はここからは断熱構造の出番!

魔法瓶のように中の温度を保ち続ける役割を担ってくれるので

夜になったからといって急激に冷えるわけではないのです。

基礎も断熱をしているので一度暖まればそれを保つだけでいいのです。

 

 

だからコムハウスの建物では

このような暖房の仕組みが有効というわけです。

 

見た目もそこまで邪魔ではないと思います。

最初の写真の家はここ

 

 

シューズクローク内の一角に置かれています。

 

 

また、 こんな場所にも

こちらのお宅はリビングの一角に。

(左奥のかわいい水玉模様のものがエアコンです)

 

 

インテリアの邪魔をせず、場所もそれほど取りませんので

あまり心配しなくても大丈夫だと思います。

 

 

今年の寒さをどうしのごうか

春まであと〇〇月かぁと

耐え忍ぶ生活とは別世界です。

 

 

コムハウスの物件に行くたびしみじみ思います。

「このおうち、あたたかいなぁ」と

 

 

見た目で注目されがちのコムハウスですが

冬は特に性能にも注目して頂きたいです。

記事一覧

4ページ (全93ページ中)